神戸クリスマスギャラリーのネットショップ   www.kobe-xmas.com
商品INDEX
おすすめ商品
神戸クリスマスギャラリーお店紹介
発送について 運賃・離島など
クリスマスツリーの飾り方
初心者のためのイルミネーション講座
簡単なリボンの結び方
手作りイルミネーション
神戸クリスマスギャラリーへお問い合わせ
神戸クリスマスギャラリーのリンク集
BBS掲示板
私のイル見てネ~ション クリスマスツリーやイルミネーションの写真
神戸クリスマスギャラリーネットショップQ&A
神戸クリスマスギャラリーネットショップお客様のお声
トップページへ

クリスマスツリー
ファイバーツリー
リース
ベルの飾り
ボールオーナメント
ガーランド [チェーン]
Merry Christmas [MCプレート]
リボン
オーナメントなどいろいろ
クリスマスウインドウディスプレー [かたがみ・スプレー]
お店のOPEN 繁盛グッズ
パーティーグッズ
イルミネーション
LEDライト
チューブライト ロープライト
チューブライトモチーフ
Mr.Christmas [ミスタークリスマス]
キャンドル&ホルダー

1万円以上お買い上げ送料無料

(代金引換)
ジャパンネット銀行
(先払い)


(先払い)






3mカナディアンパインクリスマスツリー組み立て詳細

3mカナディアンパインツリーの重さは約44kgです。
組み立てての移動は非常に危険ですので実際に飾られる
場所で組み立ててください。


※3mになりますと大変ですので複数人での作業をお願い致します。
※3mツリーの組み立てには脚立などをご利用ください。


箱からメタルスタンドを取り出してください。

足を広げて付属のネジを軽く閉めておいてください。
(ツリーの幹部分が入りますのでネジは締めないでください。)



メタルスタンドに1段目を差込ます。

メタルスタンドのネジはここで締めて固定してください。




2段目を差し込んでください。

ここまでは大人の男の人1人でも出来ます。



3段目を差込ます。
かなり重量がありバランスも悪くなります。
複数人での作業をお勧めします。


もう身長より高くなっています。



ツリー先(トップ部分)を 差し込むとこんな感じですが・・・
脚立に上ってトップ部分の枝を広げるのは大変ですので

魚の骨みたいです。



脚立はツリーの出来るだけ 幹(中心)近くに設置してください。
ツリー外側に脚立を置くと手が届かなくなります。
脚立に人が上ってる時は誰かが脚立を押さえてもらってください。





先に先端部分は枝を広げて 差し込むと楽です。

装飾品でトップリボンやツリートップを飾られる場合も先に付けておくと楽です。
脚立に上っての作業は危険ですので出来るだけ使わないようにしましょう。




枝は上段の脚立を使わないと 広げれない場所から広げていきます。
下段から広げると脚立が使えませんので。





脚立よサラバです。
ここまで来ると手が届きますので余裕です。

余裕と思ったが!!!



この辺りから枝1本がまるで・・・
枝1本が60cmツリーと変わらないぐらい枝があります!
複数人で作業をお勧めします


幹付近の小枝は必ず広げてください。
これを怠ると向こうが見えるツリーになってしまいます。



下段の枝を広げる時に便利なアレが!

お風呂の椅子です!
カナディアンパインツリーはヒンジ式で枝が抜けませんので
中腰での作業になりますので腰が痛くなりますので
お風呂の椅子に座ってじっくりゆっくりと枝を広げてください。





ついに完成です!
すばらしいの一言です。


一般の方は1ではかなりしんどい作業になります。
安全の為にも複数人での作業をお勧め致します。
大人2人で2時間30分ぐらい時間目安です。



向こうが全然見えません。

透け透け感がまったくありません。



ライトを付けるとこんな感じになります。
ゴールドLEDライト400球です。
(ツリー前面しか巻いておりません。)
裏側も付ける場合は、ライト倍必要です。


ライトはオーナメントより先に付けましょう。
コンセント部分が下に来る様にしましょう。





オーナメント(装飾品)で大きな 物から飾ってバランスを見ます。
飾っては、離れて見てを何回も見れば簡単に出来ます。







一気に付けちゃいました。
夢中になりこの間の写真撮ってませんでした。

大きいオーナメントは下段に飾り小さいオーナメントは上段や隙間に吊ると豪華になります。




室内の電気を暗くすると!
超豪華です。


まるで宝石箱です!





マウスオンで拡大表示




では、良いクリスマスをお迎えください。

最後までご覧頂きありがとうございました。


[戻る]



このページは、著作権法で保護されています。
(c)2016 Kobe Christmas Gallery All rights reserved.